スポーツをする人が増えたと思いますね。

スポーツをする人が増えたと思いますね。

日本の4大プロスポーツは?

アメリカでは、ベースボール(野球)、アメリカン・フットボール、バスケットボール、アイスホッケーが「4大プロスポーツ」と呼ばれており、国民的な人気を博しています。アメリカは3億人の人口を抱え、GDP(国内総生産)世界一位の経済大国なので、4つものプロスポーツが国民的な人気を得られるのでしょう。それに最近では、アメリカのプロサッカーリーグ「MLS(メジャー・リーグ・サッカー)」も徐々に人気を高めており、平均1万数千人の観客を動員しています。

では、日本では、何が「4大プロスポーツ」なのでしょうか。1位と2位は、間違いなく野球とサッカーでしょう。プロ野球は依然として日本で最も人気のあるプロスポーツですし、サッカーも、日本代表の試合になると多くの国民が熱中します。また、Jリーグも、J1の試合は平均1万7千人の観客を動員しています。では、3位のプロスポーツはというと、かなり悩んでしまうところです。大相撲も人気があるけれど、若者は大相撲をあまり見ません。じゃあ、ゴルフかなあと思うのですが、小学生はゴルフなんて見ません。格闘技は、ブームが去りました。フィギュアスケートは、1年を通して注目されているわけではありません。そう考えると、日本は、「野球とサッカーが2大プロスポーツ」と定義したほうがよさそうですね。

Copyright (C)2019スポーツをする人が増えたと思いますね。.All rights reserved.